ボン タルデ(こんにちは)!

旅行が長期化した時のあるある、

日本食や日本を感じられるものに過剰に反応してテンションが最高潮に上がる

経験のある方はいらっしゃいますか??笑

私は海外旅行歴が長いので、何度も経験があります。

そんなに日本が恋しいなら帰ればいいじゃん。

いやいや、そうではないのです!!
海外で出会う日本だからこそ貴重に感じたり、日本にあったら別になんでもないものに感動したりするのです。これから紹介する場所も、日本からピンポイントでそこを訪れていたなら、

「へぇ、遠く離れた外国にこんな場所もあるんだなぁ」

ぐらいにしか思っていなかったかもしれないけど。私はテンションが最高潮に上がったよ!!

今回はそんな場所、ブラジルのサンパウロにある東洋人街“リベルダージ”を紹介します!!


リベルダージはブラジルのサンパウロ市中心地に隣接する日本人街の地区のこと。

日本から遠く離れたこの場所に”日本”がある。

=リベルダージは世界最大規模の日本人街=
日系ブラジル人の約70%、約100万人が在住しているサンパウロは、様々な業種の日本企業が数百社進出しており世界でも有数の規模の日本人学校、サンパウロ日本人学校があるなど、日本との縁が非常に深い都市である。※Wikipediaより一部抜粋

ここは元々「日本人街」と呼ばれていたけど、日系ブラジル人の現地への同化が進むとともに日本人の人口が減少し、それと入れ替わるように中国人や韓国人の移民が多く転入して来た事により混住が進んだことから、2004年に正式に「日本人街」から「東洋人街」へと改名された。しかし、依然として街づくりや人口・店舗の比率では日本人街のころの面影が強い。 ※Wikipediaより一部抜粋


リベルダージではマクドナルドも瓦屋根♡

鳥居があったり、街灯がちょうちんだったり、信号機も鳥居だったり、すごいでしょ!?

め…めんそーれ…(*゚▽゚*)

すき家もあるのですよー♪

そしてここにある数軒の日系スーパーではもちろん日本食材が手に入るよ!

梅干し&ごはんですよー!絶対荷物になるし軽くもないしでも買おうかどうしようか悩んでウロウロ笑

欲しいー!!
でもここは日本の裏側。価格は日本の3〜4倍ぐらいだったかな。もちろん商品によるけど。

海外を旅行していて思うけど、いわゆる日本のお弁当みたいなものがある国ってほとんどない気がする。例えばお惣菜屋さんとかスーパーの中に量り売りのお惣菜コーナーとかそういうのはあっても、こういう風にごはんといくつかのおかずが入ってパッケージされているものみたいのはほぼ見たことがない気がする。


だから嬉しい夜ごはんになっちゃうのです♡

味は…というと、“一生懸命日本の味や見た目に近づけようとしている気持ちはものすごく伝わる”という感じで、私はそれでもすごく嬉しくて美味しくいただいたよ!

こんなところに”日本”の街があること、買わずともどんな日本商品がいくらぐらいで売られているのか、どんな飲食店があるのか、そんなのを見ながらフラフラ歩き回るのも楽しい街。サンパウロを訪れたらぜひ足を運んでみてくださいね!!