ヨーナポトキヴァーノク(こんにちは)!
ハンガリー語でこんにちはって難しい。覚えられない( ̄▽ ̄;)

皆さん温泉は好きですか??

温泉なんて大嫌い!無理無理!絶対無理!!

という日本人では少数派でしょうね笑

我々は温泉大国日本に生まれ育っていますから。

例に漏れず私も、温泉が大好きです。

海外旅行中は毎日シャワーだけで済ますことが多いから、やがて温泉が恋しくなる。いや、温泉と言わずもうバスタブでもいい。そこに入浴剤を入れてゆっくりつかって1日の疲れを癒したい、そう願うようになる。日本人ですから笑

そんなヨーロッパ旅行中、神の声が聞こえた。

ハンガリーと言えば温泉でしょ!!

え?そうなの!?ハンガリーに温泉があるの!?

目から鱗(*゚▽゚*)
なんとハンガリーは東欧の”温泉大国”なんて呼ばれていたのです!私は知らなかったけど歴史も古く有名らしい笑

今日はそんな温泉大国ハンガリーの首都ブダペストで温泉体験をしたお話です!

早速ハンガリーの温泉事情を調べてみるとさすが温泉大国と言われるだけあってその歴史は古く、2000年を超え、国内の源泉数は80か所にも及ぶらしい。すごいね!

私はその中で首都ブダペストの滞在先ホテルでオススメしてもらったセーチェニ温泉へ行ってみることにしたよ。


やっぱりヨーロッパの温泉は外観もオシャレ♡

ついでに内装もオシャレ♡素敵♡

ハンガリーの温泉は日本の温泉とは違って水着を着用するのが一般的だそう。

水着を着て温泉に入るって我々日本人からしたらちょっと違和感を感じるけど、海外では結構ありそうだもんね。水着着用の温泉って。裸のお付き合いもいいけどね、水着は水着で良し。入場料を支払ってロッカーで着替えたらいざ!!


そこはまるで巨大アミューズメント施設だった(*゚▽゚*)

なんとなんとセーチェニ温泉はヨーロッパ最大の温泉らしい。

中に入ってみると水温は確かに温かい。

なんというか、温泉というよりは温水プール??笑


ベンチに座ったりタオルを敷いて寝転んだり、日光浴をのんびりと楽しむ人、温泉に浸かるというよりもプールで遊ぶ人たち、ここはまさに巨大プール!!

流れるプールではなく流れる温泉なんかもあって、みんな楽しそう!


これこれ!この光景!
温泉の中でチェスを楽しむおじいちゃまたち♡

もうね、日本の温泉と全然違うでしょ!?
ゆっくり温泉に浸かって疲れを癒しましょう、ぐらいの感覚で来ると戸惑います笑

オススメは家族や友達と数名で来て、温水プールと思ってワイワイ楽しむこと!


ハンガリーの温泉は癒しの場というよりは、チェスやお喋りなどをする大人の社交場という認識が強いみたい。

セーチェニ温泉は施設の規模からしても特にアミューズメント施設感が強いかもしれないけど、ブダペスト市内には他にも温泉施設があるので、時間があったら比べてみるのも面白いかもしれません(*゚▽゚*)
ぜひ日本とはちょっと違った温泉文化をぜひ経験してみてくださいね!!