ブエノスディアス(こんにちは)!

日本の裏側、パラグアイに小さな“日本”があることを知っていますか??

“イグアス移住地”です。

調べたところによると、日本人のパラグアイへの集団移住は1936年から始まって、移住した方々は農業でパラグアイに大きく貢献しているそう。
ガイドブックによると約8000人の日系人が暮らしていて日本人移住地もいくつかあるんだって。

その中で”イグアス移住地”は戦後のパラグアイの移住地としては4番目、戦前からあわせると5番目の移住地として、日本海外移住振興株式会社の直轄移住地として設立された移住地なんだって。
ここは1961年に別の移住地から14家族が入植したことから始まって、数年前のデータだったけど200世帯、約850人ほどの日系人が暮らしている場所とのこと。

ここはとってものどかで、ただただ癒される場所だった。


南米は治安面への配慮でどこか気が休まらないような、なんかそんなところがあるけど、ここは日本の田舎のような感じでひたすら癒された。

ここは日本の裏側の小さな日本。

日本人会館。

資料館。


移住した当時の写真や耕具などが展示されているよ。

なんか日本から遠く離れたこの地に”日本”があることが不思議で、それでもここにいるとなんだかホッとするような気持ちになって、自分は日本人なんだと改めて思う。

1978年に皇太子殿下がイグアス移住地を訪れた時に植樹された桜の木があったよ。ここに桜が咲くなんて、なんか本当に不思議な感じがする。でもきっとキレイなんだろうな。移住者の方々も毎年この桜を見て日本を思い出したりするのかな。

そしてそして!長期旅行者の味方!
ここには多くの日本人の方が住んでいらっしゃるから、日本食が手に入る!

COOPだよ!もちろん日本よりは少し割高だけど、素敵なものが手に入るよ!

LOVE納豆♡LOVE豆腐♡
サイコー!!

極め付けはラーメン屋さん!!

ラーメン屋さんでラーメンと瓶ビールって超贅沢な気持ちになるんだけど、みんなはどお?ビール頼まない??私男っぽい??笑

でもパリパリギョウザがあるならば、ビールを頼まないという選択肢はないね♪

ここは日本ですか??(≧∀≦)

パラグアイは日本からそこだけピンポイントで行くような国じゃないかもしれない。でも、チリアルゼンチンを旅行したあと北上をして、もしくはブラジルやペルーボリビアから南下をして、などなど時間があったらぜひ寄ってもらいたい。

そこには旅の疲れを癒してくれてるのどかな風景と、暖かく迎えてくれる小さな小さな”日本”があるから。

私もまた行きたいな。癒されに(≧∀≦)