ラバ ディエーナ(こんにちは)!

この前ロシアの記事を書いて、その時ロシアとセットで行ったバルト三国のこともふと思い出したから今日はバルト三国について書こうかなーと思ってるよ!

でね、私は今お腹が減っているから、食べ物の話!

リトアニアで食べた美味しい料理について書きまーす!

そもそもリトアニアってどこ??

エストニア、ラトビア、リトアニアをバルト三国って呼ぶけど、リトアニアはその1番南に位置する国だよ!
面積は九州本島と四国島に山口県と島根県を合わせた面積にほぼ相当するんだって。地図で見るとそんなに大きな気がしないけど、そう聞くと意外と大きいなと感じてしまった。でも結局は小さな日本の一部が国と考えるとやっぱり小さな国か(^◇^;)

リトアニアの首都はヴィリニュスというところ。

オレンジ色の屋根がヨーロッパ感あって素敵だったな。

街もすごく綺麗でオシャレなレストランやカフェもあっていい感じだった☆

そんなリトアニア、ヴィリニュスで食べた美味しいリトアニア料理がこれ↓

『ツェペリナイ』っていう名物料理なんだって!
言いづらい、覚えづらいっていう感じだけど、これはドイツの飛行船”ツェッペリン号”に由来しているらしい。

ドイツの飛行船”ツェッペリン号”ってみんながピンとくるぐらい有名なのだろうか?私は無知だから調べたよ笑
“ツェッペリン”は”ツェッペリン伯爵”で、人の名前だったよ!彼が設計した船体が非常に成功して、その結果「ツェッペリン」という語は慣用的にあらゆる硬式飛行船のことを指すようになったんだって!

かーらーの!リトアニア料理!

なんで!?って思ったけど、昔ナチスドイツに侵略されたことが影響しているのかな?←勝手な予想w
でもドイツの伝統はリトアニア料理に大きな影響を与えているらしいからね!

この料理はというと、

簡単に説明すると、外側がもちっとした食べ応えのあるじゃがいも、真ん中に肉団子が入っいて、上からバターたっぷりのホワイトソースがかかっているというもの。ホワイトソースの中にベーコンが入っていたからカルボナーラ風味に感じて、すごく美味しかった♡
じゃがいもが餅レベルで超もっちもち、かなりずっしりとして食べ応えがあるからシェアして食べるのがいいね、きっと。

調べてみるとこれはリトアニア名物と言われているけど、作るのに手間がかかって難しい料理らしく、家庭料理というよりはレストランで食べたり、お惣菜もしくは冷凍ものを食べることの方が多いんだって。

確かに手間がかかりそう。
私は料理があまり好きじゃないから絶対に作らないだろな。レストランで美味しい”ツェッペリン”を食べた方が全然いいもん!!

リトアニアのレシピで最も一般的に使われる野菜はジャガイモなんだって。だからツェッペリンを筆頭にじゃがいもレシピがハンパなくあるらしい笑

どんなんだろね?
日本じゃ考えられない珍レシピとかちょっと気になる(*゚▽゚*)

これはオーソドックスにポテトサラダ。メニュー名はリトアニアサラダってなっていたけど。

いかがでしたでしょうか?

“ツェッペリン”はもちっと食感好き、カルボナーラ好きは絶対に好きだと思う!
リトアニアへ行ったらぜひお試しくださいねー♪