ナマステ!

お久しぶりです。

お久しぶりの更新になってしまいました。

反省、ただただ反省。

今年も早いもので2ヶ月が過ぎ、あっという間に3月になってしまいましたね。

あー歳とるーーー笑

さて、3月と言えば!!

そう、このお祭りですね!!

世界一のカラフル祭り!!インドのホーリー祭!!

ホーリー祭とは、
インドやネパールのヒンドゥー教の春祭り。春の訪れを祝い、誰彼無く色粉を塗りあったり色水を掛け合ったりして祝う(Wikipediaより)

“誰彼無く色粉を塗りあったり色水を掛け合ったりする”

そう、これはとってもカラフルでとってもクレイジーな粉かけ祭りなのです!!


ホーリーが近づくと街がウキウキし始める。

カラフルな粉や水鉄砲などが露天に並びだしたらもうすぐホーリーの合図。

カラフルな粉を掛け合って遊ぶ!みたいなイメージのホーリー。

Wikipediaにはこう書かれている。
ホーリー祭はもともと豊作祈願の祭りであったが、その後クリシュナ伝説などの各地の悪魔払いの伝説などが混ざって現在みられる形になった。ホーリー祭の特徴である色粉や色水を掛け合う由来は、カシミール地方の伝承でこの日に人家に押し入ってくる悪鬼ビシャーチャを追い払うため泥や汚物を投げつけたのが始まりとされる。そのため黄色は尿、赤は血、緑は田畑を象徴すると言われている。


最初は豊作祈願、その後は魔除け、現在はカラフルな粉をかけまくる祭りへと変化したようです笑

ホーリー祭は2日間行われる。一部数日前から粉をかけたり水風船を投げ合ったりする場合もあるけど。

1日目は日没から始まる。焚き火をしながら歌を歌ったり、幸福を祈願りたりする。
2日目は粉や色水の掛け合いを行う。通りがかった見知らぬ人にまで、顔や身体に色粉を塗りつけたり色水を掛け合ったりする。

おかげでみんなこんな状態に笑


子供も大人もバイクに乗っていることも、まったくなーんにも関係なし!

ホーリー祭はインド人と一緒に春の訪れを思いきり楽しみましょう!!

と言いたいところですが、女性は注意が必要です。セクハラです。色粉を塗りあった後「ハッピー・ホーリー」と言いながら抱き合うことも多く、残念ながら春の訪れを互いに祝うという純粋な気持ちの人ばかりではないのです。女性と抱き合ったり、触ったりすることを目的にする人も多く存在します。また、ヒンドゥー教徒は比較的飲酒をよしとしていませんが、ホーリー当日だけは盛大に飲む人が多く酔っ払った人がフラフラと近づいてきて触られるということもあるので注意してください。

人が多く集まり過ぎて揉みくちゃにされるような場所もあるので、ホーリー祭をする場所は考慮すべきだと思います。

とは言え、街も人もカラフルに染まるホーリーはこちらもウキウキして楽しい気分になります。現地の人のアドバイスを受けるなどして、安全に楽しくカラフル祭りを楽しんでいただけたらなと思います(*^▽^*)

ハッピーホーリー!!!!!