アッサラーム(こんにちは)!

日本史も世界史も、昔からあまり興味がなかった。

それでも世界中を旅行するようになって世界史には少し興味が出てきて、せっかくそこを訪れるのだから、例えばなぜそこが世界遺産に登録されているのか、例えばなぜそれが建設されたのか、誰がどのような目的で?そういったことを調べるようにはなった。

でも今日ご紹介するエジプトのピラミッドは旅行を始めるずーっと前から漠然とではあったけど、

いつかはピラミッドを見にエジプトに行きたい

そう思っていた。

なんでかわからないけど、なぜかとてもとてもピラミッドに憧れていた。


そしてついに憧れのピラミッドへ!!


写真では伝わりにくいと思うんだけどね、実際に目にしたピラミッドは想像以上に大きくて格好よかった。

ギザのピラミッドのいくつかは、歴史上最も大きな建築物だと考えられているらしい。

納得。

Wikipediaによると、エジプトのピラミッドは、2008年時点で138基が発見されているらしい。そのほとんどはエジプト古王国からエジプト中王国時代のもので、そのうち最も古いものは、ジェゼル王のピラミッドで、エジプト第3王朝の時代に作られたんだって。

エジプト古王国からエジプト中王国時代っていつ??

エジプト古王国は紀元前2686年頃から紀元前2185年前後

もはや昔すぎて全然わかんない笑

でも想像できないぐらいとにかくものすごく昔に作られたということ。

実際にピラミッドは化粧石で造られた世界で最も古いモニュメントだと考えられているんだって。

なにしろ紀元前2686年頃から紀元前2185年前後だからね(^◇^;)

そしてギザにあるクフ王のピラミッドは、エジプトのピラミッドで最も大きなもので、世界の七不思議の一つに数えられているらしい。

“世界の七不思議の一つ”

これがなぜか私がピラミッドに惹かれた理由なんだろうか。


“現在でも石をどのように積んだのかなど多くの謎が残されており、最古にして最後の世界七不思議とも呼ばれている”

本当にそんな大昔にどうやってこんな巨大なピラミッドを造ったんだろうって、不思議でしかない。


かっこよかったなー。

なにも知らない時はピラミッドってなにもない砂漠の中にポツンと存在しているものだと勝手に想像をしていたけど、行く前には色々な人の情報からピラミッドのすぐ向かいにケンタッキーがあって、そこからピラミッドが見えるなんて聞いていたから全然がっかりはしなかったけど。

ツタンカーメンがちょうどKFCを見ている格好になっているの。

KFCの2階からの眺め。ピラミッド巡りに疲れたら帰りにここで一休みもあり。

個人的な願望を言えばピラミッドは秘境にあってほしいなという感じだけど、こういうロケーションにあるからカイロ市内からのアクセスがよく行きやすいというメリットもあるから、そこはなんとも言えないか(^◇^;)

今書いた通り、ギザのピラミッドはカイロ市内からのアクセスもいいので、ぜひ訪れてほしい!

ど迫力で謎めいたピラミッドをぜひぜひ間近で見てくださいね(≧∀≦)