ズドラーストヴィチェ(こんにちは)!

先日は私の大好きな大好きなロシアの”食”に関する記事を書きました。

今日はそんな素敵すぎるロシアでとっても素敵だと思った場所をご紹介したいと思います!

それはサンクトペテルブルクから西に約30km離れたフィンランド湾南岸に位置する宮殿と庭園、ロシアの世界遺産“ペテルゴフ宮殿”です!!

ここはなんとね、

全体で20の宮殿と7つの公園から構成されていてね、

庭園内の噴水の数はなななななんと!!150以上もあるんだよー!!

なんてゴージャスな宮殿(≧∀≦)

お金持ちなの??

ねぇ、ここは大昔お金持ちが住んでたの??

調べたところによると、ペテルゴフの建設は1714年、ロマノフ王朝第4代ピョートル大帝から始まって、1723年に完成式典が行われたんだって。建設には9年かかったんだね。建設地はそれまで小さな港以外に何もない場所だったらしい。


ペテルゴフの噴水は15mほど高い宮殿の南側から、北の海側の低い庭園に下る水位差を利用しているそう。噴水には大量の水が必要だから、1920~21年にペテルゴフ南方22kmにあるロプシャから水路や貯水池を経由して水を供給するシステムを造り上げ、その水源は地下湖であるという。最終的に19世紀半ばまでに水路は総延長56kmにも及んだんだって。すごっ!!

貯水池の総面積は21ha(想像つかない)、貯水量は13万m3(全然想像つかない)、パイプの総延長は30km、水門は26箇所設けられているらしい。でね、24時間噴水を出し続けることも可能なんだって!!素晴らしい技術!!拍手!!

ペテルゴフは歴代ロシア皇室によって拡大・装飾されて離宮として利用されていたけど、1917年のロシア革命の後は博物館群として公開されているんだって。

もうね、ここすごいよかったよ!!


敷地全体がとっても綺麗だったし、どの噴水も思考を凝らしていて素敵だった。

散歩をしているだけで気持ちがよくなる場所だったし、噴水も涼しげでキラキラしていてよかったな♡

さすが歴代の皇帝が美しさに磨きをかけただけある!!

【アクセス】


サンクトペルブルクのエミルタージュ美術館近くの船着場から高速船で宮殿「下の庭園」の桟橋へ約30分。
または地下鉄1号線Avtovo駅前から路線バスで宮殿「上の庭園」入口へ約60分。

サンクトペテルブルクへ行ったなら絶対に足を運んで欲しいオススメ観光地です!!
キラキラと輝く様々な噴水をみながら心地のよい散歩ができますよ!!みなさんぜひ!!