ブエナスタルデス(こんにちは)!

今日はグアテマラの秘境をご紹介しちゃうよー♪

もうだいぶ有名になってしまったのかなぁ。

どうなんだろ。

みんな知ってるかなー。

エメラルドグリーンに輝く泉”セムクチャンペイ”の存在を。


セムクチャンペイへはグアテマラの北部、フローレスから南へ下ったところ、ランキンという小さな村が拠点となるよ!

こーんな山の中をクネクネと車に揺られてやっと到着する場所。

絶景の期待大(*゚▽゚*)


入場料を支払って中に入って、まずはMirasor(展望台)を目指す。

見た感じなかなかキツそう??なの??
距離はどうやら1.2㎞ぐらいだけど、1時間15分かかるってこと??

とは言え、絶景は簡単に見れるものじゃない。

頑張ったら見れる絶景がこちら。

こんな山奥にこんなにキレイな泉が存在するって誰が発見したの!?
ねえ、誰ー!?笑

周囲の新緑に溶け込んだ棚田のようなエメラルドグリーン、美しすぎるー!!

その美しさは近くで見てもご覧通り。

この透明度とこのエメラルドグリーンの色!

なんでこんな風に見えるんだろうね。すごくキレイ。


ここは水着を持参で行った方がいいよ♪みんなこの美しい泉で水遊びをする。ここに連れて来てくれたガイドさんは私たちを案内したあと水着になってひたすら飛び込みをしていてすごく気持ち良さそうだったよ!

透き通ったエメラルドグリーンの湖、そして森林浴、人もそんなに多くなくて、癒しの時間を過ごせる場所。

山奥の山奥にひっそりとある絶景。

より一層秘境感を感じられて、なんだか嬉しくなる。

セムクチャンペイはトラバーチンと呼ばれる石灰石の堆積でできた湖なんだって。
石灰棚は長い年月をかけて作りあげられた自然の神秘とも言われているらしい。

まさに。これは神秘。

首都のグアテマラシティや世界遺産の町アンティグアからは全然日帰りで行ける距離ではないし、アクセスがいいかと言われればよくはないけど、ぜひ頑張って目指して欲しいなって思うよ。

ここは”秘境”だからね!!

アクセスがよくないところにあるから秘境なんだからね!!

私は絶景は楽して見れるものじゃないと思っているし、絶景は苦労して見た方がより美しく見えると思っているよ。

これは旅行を重ねて数々の絶景を見て感じたこと。

お腹がペコペコの方がごはんが美味しいのとか、喉がカラカラの方がビールが美味しいのとも少し似ているかも。

ちょっと違うかな?笑

近隣の町から1dayツアーを申し込んでここへ行くこともできるし、拠点の村に宿泊施設もあるから個人でそこへ宿泊をして行くこともできますよ!!


あなたもぜひグアテマラの秘境”セムクチャンペイ”へ(≧∀≦)