ブエナス・タルデス!こんにちは!

 

映画や小説で一度は聞いたこのある砂漠のオアシス。

 

でも本物のオアシスって実在するの??

 

私はきっとオアシスなんて物語の中で出てくるだけの幻なんだろう、そう思っていたの。そこへ行くまでは。

 

今日は私が行ったペルーのワカチナという場所に存在するリアルオアシスの紹介をしようかなと思うよ!

 

ワカチナは、ペルー南西部イカ県にある小村。イカ近郊のリゾート地として知られているところ。

Wikipediaによると、”ワカチナは砂漠内の小さな湖の周囲にあり、「アメリカのオアシス」と呼ばれている”らしい。

 

アメリカのオアシスか、、、

 

なんかちょっとピンと来ないね笑

 

“南米のオアシス”

 

 

“ペルーのオアシス”

 

の方がしっくりくるね。

 

その方がわかりやすくない??笑

 

拠点となるのはIca(イカ)という町。そこから車で約5キロぐらい行くとワカチナの町に入る。

とってもとっても小さな町だけど、もう町の中から砂丘が見えるよ。

ほら、なんか素敵でしょう??

 

こんな風に砂漠が見えるところに舗装された道路やお店やホテルなんかも存在してるんだから、なんだか不思議な感じがするよね。

 

オアシスはまさに砂漠の中に存在していて、こんな感じだよ!

 

砂丘を歩いて歩いて歩いて丘の上に行くと全体像が見えるけど、私は疲れてこのぐらいの高さから笑

 

本当に砂漠の中に存在しているでしょう??

ここはまさに地元の子供達にとってもオアシスなんだろうね、たくさんの子供達が水遊びを楽しんでいたよ!

 

そしてワカチナの”ウリ”は数百メートルの砂丘を利用したサンドボードやサンドバギーなどのアクティビティ♪

 

私も申し込みをしてチャレンジ!

 

砂漠の中をグイグイスピードを上げて走り回るサンドバギーは迫力満点で、まるで遊園地のジェットコースターみたい。きゃーきゃー言って楽しんだよ!

 

そしてサンドボード!これが最高におもしろかった!!

 

サンドボードはその言葉の通りスノーボードの砂バージョン。スノーボードのように立ったままスイスイ滑れるわけじゃないけど、ボードの上にうつ伏せに寝てそのまま砂の丘を急降下!!

 

本当になかなかの急斜面をGOGO!って言ってくるから最初は怖かったけどね、真っ逆さまに滑り落ちていくそのスリルにハマったよ。

 

そしてサンセット。

 

砂漠に沈んでいく太陽は本当に本当に美しかったな。

 

時間がゆっくりと過ぎて静かに過ぎていく感覚がたまらなかった。

 

ペルーの田舎町に存在するリアルオアシス。

物語の中でしか存在しないと思っていたオアシスが幻ではなくここにあるよ。

 

その美しい景色とスリル満点のアクティビティを体験しにぜひ足を運んでみてほしいです( ^ω^ )