ナマステ(こんにちは)!

 

今日はインド南部のカルナータカ州にある遺跡と巨岩に囲まれた小さな町”ハンピ”の紹介をしたいと思います!お付き合いいただけたら嬉しいです!

 

ハンピは南インド、

この辺にある小さな小さな町。

 

でもインド旅行中にいろんな人から“ハンピは行った方がいい”ってオススメされたし、インドを北から南まである程度時間をかけて旅行をしている人はみんな”ハンピ”をルートに入れていた気がする。

 

だから私も興味を持って訪れてみたよ。

 

ハンピには主なだけでも40ものヒンドゥー寺院などの遺跡が点在している町。

そして奇怪な巨岩が 周囲に広がる町。その光景がなんとも不思議で魅力的だよ。

ハンピに残る建造物群は1986年に世界遺産の文化遺産に登録されたんだって。つまりここは世界遺産の町!だね!

 

私は閑散期に行ったから閉まっているお店やレストランがあったぐらい観光客にもあまり会わないぐらい町は静まり返っていたけど、逆にのどかな町でのんびりできたかな。

 

ここはハンピ最古の寺院“ヴィルーパークシャ寺院”

ハンピのシンボルって言ってもいいかな。

ハンピの寺院のほとんどは遺跡化しているのに対してここは現在も活動をする寺院。

今でも多くの巡礼者が訪れるんだって。

 

そしてこちら、

MATHANGA HILLS(マタンガ・ヒル)

 

ここからはハンピの町が一望できるって聞いたから気合いで登ったよ!

なかなか登るんだよ。

後半は岩を登っていくんだよ笑

この時は天気が悪かったから写真がイマイチだけど、本当にハンピの町が一望できるから、頑張って登ってみてほしいな!

 

ゴロゴロと大きな岩が転がっているこの地に点在する寺院と自然。なんかすごいところに来たもんだなーって言う感覚にさせられる。

 

 

ハンピへ来たらやっぱりしたいのが遺跡巡り。私はたまたま居合わせた人たちとトゥクトゥク貸切シェアをして数カ所一気に回ってもらったよ。

 

ちゃんと観光客向けに案内が出ているしわかりやすい。

 

ここはインドに数多く存在する“階段井戸”

ここは今でも水が張られていたよ。

ここは“Queen’s Bath、王妃の浴場”という場所。

中はすごく広いし浴場感がまったくなかったから、一体どこをどのように利用していたのかイメージできなかったけど、クイーンともなればこんなに広いお風呂を使うのかな、って勝手に思った笑

 

こんな感じで点在する寺院や遺跡を1つ1つ巡っていくのもすごく楽しいの。

 

そしてやっぱりこの巨岩だよね。どこからどうしてこんなことになったんだろうね。自然の力って素晴らしい。

 

時間があったら渡し船に乗って対岸に行ってみるのもいいと思う。

トゥンガバドラー川を隔てた向こう岸の方がよりのどかで全然印象が違うよ。

田んぼが広がるのどかな風景。

こちらでも見ることができる奇岩の数々。

対岸側から見たハンピもなかなかよかったよ!シンボルの“ヴィルーパークシャ寺院”はさすがシンボルだけあってこちら側からでもわかるもんね!

 

私はハンピには3泊してなんか色々見て回ってすごく充実した滞在になりました(*^_^*)

 

ハンピは見所も多いし、町は小さくとってものんびりとした雰囲気だから、数泊してゆっくり観光するのがいいのかなと思いますよ!

 

ぜひ訪れてみてくださいね!オススメです!